◆1教科専門主義
四谷大塚の直営校舎では、4年生以上を受け持つ講師はそれぞれ、担任の他に専門の教科があり、担任の講師・専門教科の講師が教える体制になっています。塾業界に多い学生アルバイトが少なく、常勤講師の比率が高いのが特徴。なお、学生アルバイトの多くは監督員、受付、生徒管理や採点、印刷などの雑務によつやおお従事しているようです。


◆学習システム
四谷大塚の授業は事前学習→授業→復習→確認の1週間の学習サイクル制を取り入れています。具体的には、事前学習で予習シリーズを使い予習→授業を聞いて理解を深めます。その後、家庭で問題演習による復習→週末テストという流れになります。もちろんクラスは、入室時と年数回のテストによるクラス編成。


◆テスト
四谷大塚では、毎週、1週間の学習範囲を終えた時点で、確認のためのテストが実施されます。さらにテストの後には解説授業が行われ定着をはかります。そして5週に1度、総合確認のためのテストを行い、既習事項に再度取り組むことによって、学習内容を確実な定着を狙うカリキュラムが設定されています。


◆公開テスト
中学受験において三大模試の1つに数えられる四谷大塚の合不合判定テストは内部生だけでなく、外部からも多くの受験生を受け入れています。母体の大きさからはじき出される偏差値は受験生に信頼されています。

6年生の合不合判判定テストは、年6回の志望校の判定テスト
4・5年生の学力判定テストは、年3回、春期・夏期・冬期の各講習会の後に実施されるテスト
4年生の月例テストは年7回実施。


特別授業
四谷大塚直営校では、「特別授業」が実施されています。
3・4年生: サイエンス講座/テクノロジー講座
5・6年生: 理科実験講習

の実習系授業が2つ。現在、全国の塾で多く開設されている理科実験室。四谷大塚直営校でも、自社ビルで展開する広々とした校舎を活かし、理科実験室を開設しています。

もう1つが名物とも言える6年生対象の志望校別対策授業で、「特別コース」「日曜特別コース」「日曜特訓コース」の3つが行われています。

特別コースは、7月から始まる、難関校突破に向けた徹底演習を行うコースで、志望校別にクラスの編成があります。

日曜特別コースは、9月から始まる日曜日だけの入試対策プログラムで、難関校突破のための志望校別・実習演習講座。

日曜特訓コースは、9月から始まる日曜日だけの入試対策プログラムで、学力にあわせて、志望校の入試レベルまで鍛えるレベル別実戦演習講座。

親子で取り組む中学受験

塾の先生から親は勉強を見ないようにと注意された

合不合判定テストは、言わずとしれた、四谷大塚主催による全国最大規模の中学受験統一模試。四谷大塚の合不合判定テストは、6年生対象で9月以降に計4回行われ、12月が最終。合不合判定テストは、志望校の合格ラインを知るための公開テストで、40年以上の実績があります。

長年にわたる受験実績から蓄積された豊富なデータは、合否判定はもちろん、提携塾のネットワークで、日本全国の合否判定が可能で、全国レベルのトップ校を目指す人や転勤等で転出のある受験生が多く受験することでも知られています。

6年生になると、まず4月と7月に合不合判定予備テストがあり、9月?12月は毎月1回のペースで合不合判定テストを実施。11月には、合不合判定テストとは別に学校別の志望校判定テストも行われます。テスト結果として、個人成績表と結果資料表が返却されます。結果資料表」には、以下のものがあります。

◆学校別合否判定表
志望校の「他の受験生の分布」「順位」「合格可能性」「志望校以外の学校の合格可能性」

◆得点別順位一覧表
4・3・2教科別に全受験生の中での順位

◆評価表
「評価表」は得点を「偏差値」に換算するために作成された表。

◆教科別正答率一覧表

◆偏差値変動の大きい中学校・志望者増減の大きい中学校
前年度入試結果や前回の合不合判定テスト時のデータとを比較することで、各中学校の難易度や志望者数の変動をしることができる。

受験料:1回 5,040円(税込)で、4・2教科とも同じ金額になります。

四谷大塚の合不合判定テストに関して知っておきたい用語

「結果偏差値」とは:実際の入試の結果を、合不合判定テスト受験生を対象に追跡調査して得た、その年の受験結果の偏差値。

「80偏差値」とは:その学校に合格する可能性が80%である偏差値。その偏差値の子どもが100人受験して80人合格した偏差値。

「50偏差値」とは:その学校に合格する可能性が50%である偏差値。その偏差値の子どもが100人受験して50人合格した偏差値。

「20偏差値」とは:その学校に合格する可能性が20%である偏差値。その偏差値の子どもが100人受験して20人合格した偏差値。

これら四谷大塚の模試に関する情報は、四谷大塚の入試情報センターで、以下の項目などについて見ることができます。

80/50 偏差値一覧
学校別偏差値一覧
入試結果グラフ
結果偏差値7年間推移
出願倍率速報と入試結果
入試関連変更点
追加募集実施校
インターネット合格発表校
合不合判定テスト配布資料
入試報告会配布資料

「志望校の合格判定も悪く、このまま受験すべきか」という相談

志望校の決め方のポイント

2011年2月初旬の合格速報をもとに中学入試の四谷大塚の合格実績とライバル塾の合格実績の比較してみました。今後合格者数は各塾とも上積みされることが予想されますので最終的な合格者数とは若干違って来ると思われますがご了承ください。

2011年度入試は下記の一覧を見ていただいたらわかるようにサピックスが圧勝しました。渋谷教育学園幕張、開成、浅野、麻布、聖光学院などの難関校では四谷大塚はサピックスに100名以上の差をつけられており、駒場東邦、渋谷教育学園渋谷、海城、桜蔭、攻玉社、浦和明の星女子、筑波大学附属駒場、サレジオ学院、慶應義塾普通部、豊島岡女子学園、鴎友学園女子、慶應義塾湘南藤沢中等部などの中学校でも50名以上の差が付いています。

逆に四谷大塚がサピックスに50名近くの差をつけて多くの合格者数を出したのが、法政大学、早稲田、本郷、大妻、吉祥女子、江戸川学園取手、淑徳与野などの中学校となっています。

2010年の合不合判定テストにサピックスが塾内の模試をぶつけてくるなど一定のすみ分けの状態から「サピックス王国」の単独王朝を目指すような動きもありましたから、今後は受験生の中でも超難関校志望者はサピックスへ流れて行く可能性もあります。

四谷大塚は「全国統一小学生テスト」を開催してのべ10万人近くの受験者数を集めるなど全国に裾野を広げる展開は成功しており、四谷大塚を含む中学入試のライバル塾、日能研、早稲アカ、SAPIXとともに今後合格者数を多く出す中学校をどこにするのか、ターゲットにしていくのかは気になるところです。

2011年四谷大塚 主な中学校の合格実績

⇒ 続きを読む

2006年に株式会社ナガセが四谷大塚をグループ化して7年、四谷大塚の直営校の少しずつ増えて2013年現在、主に首都圏に展開し22校舎となっています。


校舎展開の内訳は、東京都に10校舎、神奈川に7校舎、埼玉に3校舎、千葉に2校舎で、2010年に横浜校舎を開校後、2012年に同じ神奈川県の茅ヶ崎に「センター南校舎」、川崎市に「新百合ヶ丘校舎」を開校し、22校舎になりました。


以下、四谷大塚の各校舎の所在地と開設年です。


東京都
1954年  中野校舎     中野区中野3-49-1
1980年  お茶の水校舎 東京都千代田区神田淡路町2-105 ワテラス アネックス3F
1996年  高田馬場校舎  新宿区高田馬場4-9-3
1998年  渋谷校舎   渋谷区桜丘町18-6桜丘日本会館ビル2F
1996年  蒲田校舎   大田区西蒲田8-4-13
1994年  立川校舎   立川市曙町1-14-10
1994年  町田校舎   町田市原町田6-17-6
2003年  巣鴨校舎    文京区本駒込6-20-3
2007年 市ヶ谷校舎  新宿区市谷田町1-10市ヶ谷子安ビル
2009年 豊洲校舎   江東区豊洲2-4-9 ららぽーと豊洲 shipI・2階

yotuya1.gif


神奈川県
1986年 新横浜校舎 横浜市港北区新横浜3-7-12
1990年 上大岡校舎 横浜市港南区上大岡西1-13-8三井生命ビル3F
1996年 大船校舎  鎌倉市大船3-1-4
2008年 あざみ野校舎 神奈川県横浜市青葉区あざみ野1-9-1
2010年 横浜校舎  横浜市西区北幸1-1-8 エキニア横浜3階
2012年 センター南校舎 横浜市都筑区茅ヶ崎中央3-25 aune港北ビル 5F
2012年 新百合ヶ丘校舎 川崎市麻生区万福寺1-1-1新百合ヶ丘シティビルディング 3F


千葉県
1992年 津田沼校舎 習志野市谷津7-10-12
1995年 柏校舎  柏市旭町1-12-2

埼玉県
1993年  南浦和校舎  さいたま市南区南浦和2-41-3
1996年  所沢校舎   所沢市くすのき台1-9-1
2009年 大宮校舎  埼玉県さいたま市大宮区錦町682-1

試験日:2013年11月3日 (日)  受験料:無料
yotuya12.gif

四谷大塚の全国統一小学生テストとは、小学生が全国のライバルとの競争の中で自分自身と向き合う全国最大の小学生テストです。

テストは、小学1年生は配点の70%、小学2・3年生は60%、小学4・5・6年生は55%が平均点となるよう、試験問題が作成されています。

前回(2013年6月)実施時には、全国で10万人以上の小学生が受験しました。

四谷大塚主催 全国統一小学生テスト 分析結果  2012年6月3日実施

四谷大塚主催 全国統一小学生テスト 分析結果 2012年11月4日実施


Q 文部科学省が行う学力判定テストとの違いは何ですか?

学力を伸ばすには、どこをどのように間違えたかを把握して、適切な学習をしていくことが近道です。全国統一小学生テストのマークシート形式は、単にいくつかある選択肢の中から選ぶだけの選択式とは異なり、不正解の選択肢にはこれまで四谷大塚が培ってきた「間違えやすいパターン」が隠されたものとなっておりますので、お子様が間違えた理由までつかむことができます。 つまり「選んだ選択肢によって、お子様がどこを理解していて、どこに躓いているのかがわかる」のです。


Q 今回で連続3回目の受験になります。過去2回受験しましたが、これまでの偏差値は表示されるのでしょうか?

過去に受験された時と同一の受験番号で受験されますと返却される成績帳票にはこれまでの科目別の偏差値が表示されます。連続受験で学力の推移を見ることができます。

2006年に株式会社ナガセが四谷大塚をグループ化して7年、四谷大塚の直営校の少しずつ増えて2013年現在、主に首都圏に展開し22校舎となっています。


校舎展開の内訳は、東京都に10校舎、神奈川に7校舎、埼玉に3校舎、千葉に2校舎で、2010年に横浜校舎を開校後、2012年に同じ神奈川県の茅ヶ崎に「センター南校舎」、川崎市に「新百合ヶ丘校舎」を開校し、22校舎になりました。


以下、四谷大塚の各校舎の所在地と開設年です。


東京都
1954年  中野校舎     中野区中野3-49-1
1980年  お茶の水校舎 東京都千代田区神田淡路町2-105 ワテラス アネックス3F
1996年  高田馬場校舎  新宿区高田馬場4-9-3
1998年  渋谷校舎   渋谷区桜丘町18-6桜丘日本会館ビル2F
1996年  蒲田校舎   大田区西蒲田8-4-13
1994年  立川校舎   立川市曙町1-14-10
1994年  町田校舎   町田市原町田6-17-6
2003年  巣鴨校舎    文京区本駒込6-20-3
2007年 市ヶ谷校舎  新宿区市谷田町1-10市ヶ谷子安ビル
2009年 豊洲校舎   江東区豊洲2-4-9 ららぽーと豊洲 shipI・2階

yotuya1.gif


神奈川県
1986年 新横浜校舎 横浜市港北区新横浜3-7-12
1990年 上大岡校舎 横浜市港南区上大岡西1-13-8三井生命ビル3F
1996年 大船校舎  鎌倉市大船3-1-4
2008年 あざみ野校舎 神奈川県横浜市青葉区あざみ野1-9-1
2010年 横浜校舎  横浜市西区北幸1-1-8 エキニア横浜3階
2012年 センター南校舎 横浜市都筑区茅ヶ崎中央3-25 aune港北ビル 5F
2012年 新百合ヶ丘校舎 川崎市麻生区万福寺1-1-1新百合ヶ丘シティビルディング 3F


千葉県
1992年 津田沼校舎 習志野市谷津7-10-12
1995年 柏校舎  柏市旭町1-12-2

埼玉県
1993年  南浦和校舎  さいたま市南区南浦和2-41-3
1996年  所沢校舎   所沢市くすのき台1-9-1
2009年 大宮校舎  埼玉県さいたま市大宮区錦町682-1

株式会社ナガセが四谷大塚をグループ会社化したのが2006年10月。


株式会社ナガセは、大学受験部門で、「東進ハイスクール(高校生対象、首都圏中心92校)」を展開、1992年より授業を映像化し通信衛星を利用して全国のフランチャイズ加盟校に配信する「東進衛星予備校(高校生対象、全国約800校)」も展開し、現在では、直営校の東進ハイスクールと東進衛星予備校は同じシステムで行い、東京大学の現役合格者に対する合格実績と生徒数は全国でもトップクラスに成長しています。


小学生を対象にした教室では中学受験教育のパイオニアである四谷大塚をグループ化して、21校を展開、現在は四谷大塚NETを新たに開設し、四谷大塚の教材やシステムを全国へ展開しています。


幼児から小学生を対象にした「東進こども英語塾」は2010年10月よりスタート、3歳から12歳の幼児向け英語教育事業を87ヶ所で展開し、将来的には全国に2万教室、100万人以上の集客を目指しています。


この他、「東進スクール(小学生から中学生対象、5校)」、大学生から社会人対象の「ビジネススクール」、幼児から社会人対象の「イトマンスイミングスクール」を全国に50校、グループ会社として東進四国(愛媛県)、東進育英舎(茨城県)など抱えています。


設立:1976年5月
資本金:21億3800万円
代表取締役社長:永瀬昭幸
従業員数:1115名(連結/正社員のみ) 2012年現在


売上高
2012年3月期:381億6800万円
2011年3月期:364億9901万円
2010年3月期:358億1500万円
2009年3月期:354億1100万円
2008年3月期:287億2100万円

主な会社沿革
1971年 永瀬昭幸、自宅アパートで「ナガセ進学教室」をスタート
1976年 東京都武蔵野市に「東京進学教室」開設、「株式会社ナガセ」設立
1978年 「東進スクール」と改称
1985年 現役高校生対象の予備校「東進ハイスクール」設立
1988年 株式を店頭公開
1992年 通信衛星で授業を配信する「東進衛星予備校」開設
2006年 株式会社四谷大塚をグループ会社化
2007年 大学生向け東進ビジネススクール開設
2008年 アイエスエス株式会社(イトマンスイミングスクール)をグループ会社化
2008年 四谷大塚NET開講
2009年 東進ハイスクール中等部・東進中学NET開講
2010年 東進こども英語塾(幼児英語教育)開講
2011年 永瀬商貿(上海)有限公司(中国展開の拠点)を上海に設立

2011年2月初旬の合格速報をもとに中学入試の四谷大塚の合格実績とライバル塾の合格実績の比較してみました。今後合格者数は各塾とも上積みされることが予想されますので最終的な合格者数とは若干違って来ると思われますがご了承ください。

2011年度入試は下記の一覧を見ていただいたらわかるようにサピックスが圧勝しました。渋谷教育学園幕張、開成、浅野、麻布、聖光学院などの難関校では四谷大塚はサピックスに100名以上の差をつけられており、駒場東邦、渋谷教育学園渋谷、海城、桜蔭、攻玉社、浦和明の星女子、筑波大学附属駒場、サレジオ学院、慶應義塾普通部、豊島岡女子学園、鴎友学園女子、慶應義塾湘南藤沢中等部などの中学校でも50名以上の差が付いています。

逆に四谷大塚がサピックスに50名近くの差をつけて多くの合格者数を出したのが、法政大学、早稲田、本郷、大妻、吉祥女子、江戸川学園取手、淑徳与野などの中学校となっています。

2010年の合不合判定テストにサピックスが塾内の模試をぶつけてくるなど一定のすみ分けの状態から「サピックス王国」の単独王朝を目指すような動きもありましたから、今後は受験生の中でも超難関校志望者はサピックスへ流れて行く可能性もあります。

四谷大塚は「全国統一小学生テスト」を開催してのべ10万人近くの受験者数を集めるなど全国に裾野を広げる展開は成功しており、四谷大塚を含む中学入試のライバル塾、日能研、早稲アカ、SAPIXとともに今後合格者数を多く出す中学校をどこにするのか、ターゲットにしていくのかは気になるところです。

2011年四谷大塚 主な中学校の合格実績

⇒ 続きを読む

中学受験生のベストセラーテキスト「予習シリーズ」を内容を確実に理解するために、やはり授業は必要不可欠です。

その「予習シリーズ」を使った四谷大塚のベテラン講師が解説してくれる授業がインターネットを通じて自宅のパソコンの前で受講できる、それが「予習ナビ」です。

1教科あたりの1週間の授業時間の目安はおよそ50分~120分程度(算数・国語は週2回、理科・社会は週1回)で、解説授業と問題演習を組み合わせながら授業を進めていきます。

もし途中で分からなくなっても、すぐに授業映像を止めることも、 そして授業映像を前に戻すこともできます。また逆に、通常の1.4倍のスピードで再生することもできますので、どうしても学習時間が確保できない場合は60分の授業をおよそ40分で受講することも可能です。

また、算数の「予習ナビ」では、実際の授業同様、授業の中での問題演習を行います。制限時間を設け、 子供の学力レベルに合わせた問題を出題し、実際に問題を解きながら理解を深める、一方的に授業を聞くだけではない、リアルな授業が可能です。

その「予習シリーズ」の解説授業を行う「予習ナビ」がただいま、体験キャンペーンを行っています。

予習ナビを2週間(予習シリーズ2回分)をなんと無料で利用できる!中学受験を目指す小学4・5・6年生は必見です。

予習ナビ 無料体験キャンペーン期間は2010年8月23日から10月17日まで。

受講教科は算数・国語の2教科

受講コースは学力に応じて分かれます。
(Cは難関校受験希望の方、Aは基礎から学習したい方向け)
4年生:Aコース、Bコースのいずれか
5年生:Aコース、Bコース、Cコースのいずれか
6年生:Aコース、Bコース、Cコースのいずれか
※週テスト在籍生は、週テストの在籍コースでの受講となります

2010年7月18日に実施された「第2回合不合予備」における偏差値の一覧が公表されました。

「第2回合不合予備」 主な各校別の80偏差値
72 灘
71 筑波大附属駒場
70 桜蔭・開成
69 筑波大附属(女子)
67 女子学院・ お茶の水女子大附属・渋谷教育学園幕張・ 聖光学院
66 筑波大附属(男子)
65 雙葉・甲陽学院・慶應中等部・早稲田 (2回)
62 明大付属明治・白百合学園 (一般)
61 小石川中等教育学校 (一般)・・・・

詳しくは四谷大塚 合不合判定テストの「80偏差値」でご覧下さい。
男子 女子

四谷大塚 VS 他塾メニュー一覧
四谷大塚の特色
 四谷大塚の学習システム  世の中で最も乗数効果の高い投資は教育  2008/12/14実施 合不合判定テスト全国最多21,104人が受験  いよいよ2008年度入室テスト開始  2007年四谷大塚冬期講習概要  四谷大塚「リトルスクール」  2007四谷大塚入試概観  四谷大塚の会社概要  四谷大塚「予習ナビ」無料体験キャンペーン実施中  CS(顧客満足度)ランキングアワード 第2位  
偏差値
 合不合判定テストの偏差値  
合格実績
 2011年四谷大塚 中学入試合格実績  2010年四谷大塚 中学入試合格実績  2009年四谷大塚 中学入試合格実績  2008年四谷大塚 中学入試合格速報  2007年四谷大塚合格実績 首都圏女子校  2007年四谷大塚合格実績 首都圏共学校  2007年四谷大塚合格実績 全国男子校  2007年四谷大塚合格実績 全国女子校  2007年四谷大塚合格実績 全国共学校   2006年 ◆首都圏◆中学入試合格実績  
模試(合不合)
 四谷大塚の合不合判定テスト  合不合判定予備テスト結果と2011年度入試動向   合不合判定テストの「80偏差値」一覧が発表されました。  
全国統一テスト
 世の中で最も乗数効果の高い投資は教育  2009/6/7 学力の全国大会 47都道府県2,000会場以上で実施  「全国統一小学生テスト」の受験申込が昨年の3倍に  無料!全国統一小学生テスト  全国統一小学生テスト  
講習会
 春期特別招待講習  2009‐2010四谷大塚の冬期講習  2007年四谷大塚冬期講習概要  2010年四谷大塚 夏期講習概要  
四谷大塚の教室
 四谷大塚 2013最新直営校紹介  2010年10月、横浜校舎が誕生  四谷大塚直営校舎及びYTネット提携塾校舎  
YTnet
 四谷大塚、早稲田アカデミーと理科実験教室展開へ  YTネットの学習システム  YTネットとは? その行方・・・  YTネット提携塾検索  
ナガセ(東進ハイスクール)
 子供向け英語教室を展開へ  英語で世界へ、進学塾を海外でも  ナガセ2009年大学実績 東大へ445名  ナガセ、上場した成学社の株式買い進め  ナガセが学習塾組織化、四谷大塚式を全国展開  四谷大塚どう生かす? ... ナガセ・永瀬昭幸社長に聞く  ナガセ、四谷大塚買収   ナガセ、早稲アカ株買い増し 18%に上昇