四谷大塚 VS 他塾 > 四谷大塚の特色

◆1教科専門主義
四谷大塚の直営校舎では、4年生以上を受け持つ講師はそれぞれ、担任の他に専門の教科があり、担任の講師・専門教科の講師が教える体制になっています。塾業界に多い学生アルバイトが少なく、常勤講師の比率が高いのが特徴。なお、学生アルバイトの多くは監督員、受付、生徒管理や採点、印刷などの雑務によつやおお従事しているようです。


◆学習システム
四谷大塚の授業は事前学習→授業→復習→確認の1週間の学習サイクル制を取り入れています。具体的には、事前学習で予習シリーズを使い予習→授業を聞いて理解を深めます。その後、家庭で問題演習による復習→週末テストという流れになります。もちろんクラスは、入室時と年数回のテストによるクラス編成。


◆テスト
四谷大塚では、毎週、1週間の学習範囲を終えた時点で、確認のためのテストが実施されます。さらにテストの後には解説授業が行われ定着をはかります。そして5週に1度、総合確認のためのテストを行い、既習事項に再度取り組むことによって、学習内容を確実な定着を狙うカリキュラムが設定されています。


◆公開テスト
中学受験において三大模試の1つに数えられる四谷大塚の合不合判定テストは内部生だけでなく、外部からも多くの受験生を受け入れています。母体の大きさからはじき出される偏差値は受験生に信頼されています。

6年生の合不合判判定テストは、年6回の志望校の判定テスト
4・5年生の学力判定テストは、年3回、春期・夏期・冬期の各講習会の後に実施されるテスト
4年生の月例テストは年7回実施。


特別授業
四谷大塚直営校では、「特別授業」が実施されています。
3・4年生: サイエンス講座/テクノロジー講座
5・6年生: 理科実験講習

の実習系授業が2つ。現在、全国の塾で多く開設されている理科実験室。四谷大塚直営校でも、自社ビルで展開する広々とした校舎を活かし、理科実験室を開設しています。

もう1つが名物とも言える6年生対象の志望校別対策授業で、「特別コース」「日曜特別コース」「日曜特訓コース」の3つが行われています。

特別コースは、7月から始まる、難関校突破に向けた徹底演習を行うコースで、志望校別にクラスの編成があります。

日曜特別コースは、9月から始まる日曜日だけの入試対策プログラムで、難関校突破のための志望校別・実習演習講座。

日曜特訓コースは、9月から始まる日曜日だけの入試対策プログラムで、学力にあわせて、志望校の入試レベルまで鍛えるレベル別実戦演習講座。

親子で取り組む中学受験

塾の先生から親は勉強を見ないようにと注意された

日本経済新聞社に四谷大塚や東進ハイスクールなどを展開するナガセの永瀬昭幸社長の提言が掲載されていました。

四谷大塚を買収したナガセがどういう視点で今後四谷大塚を運営していくのかをを知るのにはとても良い材料だと思いますので一部を抜粋してお届けします。詳しくは2010年8月2日の紙面を見て下さい。

ナガセの永瀬昭幸社長の提言の概要は、
その1「日本復活の近道は頭脳への投資」
その2「学生の理系離れを阻止し、将来のリーダーを育成」
その3「東大合格者よりもノーベル賞受賞者」
その4「科学者のイチローを作れ」
その5「教育の乗数効果」
の5つです。

4つ目までの内容はおおむね想像がつくと思いますが、その5の「教育の乗数効果」はどうでしょうか?

⇒ 続きを読む

四谷大塚は、2008年12月14日に国私立中学校を志望する小学校6年生を対象に実施した『第4回合不合判定テスト』の受験者数が中学入試の12月実施模擬試験としては全国最多となる21,104人であったと発表しました。

四谷大塚によれば、2008年首都圏の小学6年生児童数は295,792人で、そのうちの17.7%にあたる52,500人が中学受験をしました。中学受験率・中学受験者数いずれも過去最高。

四谷大塚では、2009年の受験者数は合不合判定テストおよび、各模試の受験者状況から横ばい(52,500人)から微増(53,000人)を予測しています。

四谷大塚では、今年2009年の首都圏における小学6年生児童数は昨年よりも7,491人(2.5%増加)多く、303,283人。全国的には少子化の流れですが、東京を中心に、都心回帰による人口流入が続いています。よって、受験率は人口が増加している分、17.5%へやや低下すると推測しています。

「公開テストになると緊張からか点数が取れない」の解決法

◆入塾するには?
四谷大塚直営校では、学習システムを理解してからの入室という考えから1週間の体験入室が用意されています。 四谷大塚の授業を、現会員と机を並べて1週間体験。保護者の参観も認められており、担当講師や授業のレベル、教室の雰囲気などを確かめてからの入室が可能です。また、 四谷大塚の会員とともに1週間の学習成果をテストで確認することもできます。お申し込みは、最寄りの校舎で受け付けてくれます。

すでに四谷大塚への入塾を決めている場合であれば、年に数回行われる無料の四谷大塚入室テストを受験。テストの結果により入室の資格が得られます。


◆授業料
入会金 21,000円
※ リトルスクール・リトルくらぶ・通信くらぶに在籍している場合は、入会金は必要なし
※ 兄弟・姉妹が四谷大塚に同時に在籍している場合は、入会金は免除

4年生
4教科コース 31,500円
2教科コース 27,615円

5年生
4教科コース 39,900円
2教科コース 32,970円
4教科テストコース 15,750円
2教科テストコース 14,385円

6年生
4教科コース 57,750円
2教科コース 42,105円
4教科テスト+日曜午後授業コース 25,515円
2教科テスト+日曜午後授業コース 20,580円
※2006年2月以降の受講料
※教材費・講習受講費は別途必要です


◆入試報告会
入試終了直後の3月に、各校舎で入試報告会を行います。次年度の入試に生かせるように、その年の受験者動向・入試問題の特徴などを詳しく分析、地域性も考慮しの話で受験生はもとより中学受験に興味のある方はぜひ一度出席されることをお勧めします。

四谷大塚の新年度入室テストが始まっています。

参加無料

対象:小学3・4・5年生

日時 :12月22日(土) 10:30?11:50  保護者説明会同時開催
科目:算数・国語(各35分)

インターネット、または四谷大塚各校舎へ電話にてお申し込みください。
インターネットでの申込締切:入室テスト...12月20日(木)まで
電話での申込締切:イベント実施日の前日まで

四谷大塚の冬期講習は、四谷大塚生以外の子供も自由にご参加できます。

四谷大塚冬期講習日程
前期 : 12月26日(水)から12月29日(土)
後期 : 1月3日(木)から1月6日(日)

冬期講習の学習成果を確認して、新学期の課題を明確にするために学力判定テストが2008年1月7日(月)に実施されます。

申込方法 :
受講を希望する校舎の窓口に受講料を添えて申し込み

四谷大塚冬期講習費用
※費用はテキスト代込み。また、必修講習費用は、学力判定テスト受験料込み

5年生
必修講習  4日間 38,115円(税込み)

オプション講習
◇講習 理科実験講座  4日間  40,320円(税込み)
◇最難関講座      4日間 16,800円(税込み)
◇実力養成講習 4日間 16,800円(税込み)


4年生
必修講習 4日間 21,315円(税込み)

オプション講習
◇テクノロジー講座  3日間  25,200円(税込み)
◇最難関講座     4日間  16,800円(税込み)
◇実力養成講座    4日間  16,800円(税込み)


四谷大塚冬期講習開講校舎

東京
中野校舎・お茶の水校舎・高田馬場校舎・巣鴨校舎・渋谷校舎・蒲田校舎・立川校舎・町田校舎・市ヶ谷校舎

神奈川
新横浜校舎・上大岡校舎・大船校舎


千葉
津田沼校舎・柏校舎

埼玉
南浦和校舎・所沢校舎

四谷大塚「リトルスクール」は、小学校低学年のクラスです。中学受験の準備という捉え方をする場合がほとんどですが、四谷大塚ではリトルスクールを「知能を伸ばす」と定義しています。「知能を伸ばす」ことがすなわち中学受験の準備と考えて間違いはないでしょう。

四谷大塚「リトルスクール」は、少人数のグループ学習で、コンセプトは「遊ぶように学ぶ」。正解不正解を明確にするというよりは、書いた答案を書けたことを評価することに、また、算数の授業でコンパスの使い方を学ぶとき、単なる円を書くためのものでなく、線を測ったり、移動したりすることにも使えることなどを学習するなど、解法を教え込むのではなく、頭をしっかり使う、考えることに重点を置いています。そのことで子どもたちに学ぶ楽しさを感じさせる、それが四谷大塚のリトルスクール。

四谷大塚はもちろん中学受験の学習塾ですから、低学年のうちに、こうした学習をすることで、高学年で伸びる子どもにする。もっといえば、高学年で伸びる子供は、低学年の勉強にあるという結論からこのリトルスクールが作られたとも言えます。

四谷大塚独自のオリジナル教具も評価は高いです。

四谷大塚オリジナル教具
反対語カルタ・・・先生がかるたの言葉を読み、反対を表す言葉のかるたをみんなで取り、競い合います。
漢字ビンゴ・・・先生が引いた漢字の読みが、自分の用紙にあったら、おはじきをおいていく。1列並んだらビンゴ!
割り算すごろく・・・サイコロの数字に応じて、割り算をし、コマを進めます。例えばコマが12にいて、3が出たらコマは4つ進めます。


四谷大塚「リトルスクール」の対象は、小学1年?3年生、教科は算数と国語、授業日数は低学年であることを配慮して、週1?2日。入室は、入室テストを兼ねたオープンテストの結果により、資格が得られます。

小学1年生 定員約10名  週1日  75分×1コマ  算数・国語
小学2年生 定員約12名  週1日  75分×1コマ  算数・国語
小学3年生  定員約15名  週2日  75分×1コマ  算数・国語

入会金
10,500円(本体価格10,000円)
※ 兄弟・姉妹が四谷大塚に在籍している場合は、入会金は免除になります。

授業料(月謝)
1・2年生...14,280円(本体価格13,600円)
3年生...22,890円(本体価格21,800円)

四谷大塚リトルスクールでは、リトルスクールの実際の授業に参加する体験授業を随時実施しています。

仕事が忙しく、子供の勉強を見てやれないという相談

p>四谷大塚では、1月の入試状況として受験者数が5.9%増、合格者数は15.2%増。実質倍率は昨年2.2倍から2.0倍に低下。一部の例外校を除いて緩やかな状況と報告しています。

一方、2月入試は、出願者が8.8%増で大幅増、開成、麻布、早稲田1回などの主要校では、出願者が1000名を超えるなどして、合格者を絞る学校が目立ち、大変厳しい入試状況だと報告しています。

2007四谷大塚入試概観、詳しくはこちら

株式会社ナガセが四谷大塚をグループ会社化したのが2006年10月。


株式会社ナガセは、大学受験部門で、「東進ハイスクール(高校生対象、首都圏中心92校)」を展開、1992年より授業を映像化し通信衛星を利用して全国のフランチャイズ加盟校に配信する「東進衛星予備校(高校生対象、全国約800校)」も展開し、現在では、直営校の東進ハイスクールと東進衛星予備校は同じシステムで行い、東京大学の現役合格者に対する合格実績と生徒数は全国でもトップクラスに成長しています。


小学生を対象にした教室では中学受験教育のパイオニアである四谷大塚をグループ化して、21校を展開、現在は四谷大塚NETを新たに開設し、四谷大塚の教材やシステムを全国へ展開しています。


幼児から小学生を対象にした「東進こども英語塾」は2010年10月よりスタート、3歳から12歳の幼児向け英語教育事業を87ヶ所で展開し、将来的には全国に2万教室、100万人以上の集客を目指しています。


この他、「東進スクール(小学生から中学生対象、5校)」、大学生から社会人対象の「ビジネススクール」、幼児から社会人対象の「イトマンスイミングスクール」を全国に50校、グループ会社として東進四国(愛媛県)、東進育英舎(茨城県)など抱えています。


設立:1976年5月
資本金:21億3800万円
代表取締役社長:永瀬昭幸
従業員数:1115名(連結/正社員のみ) 2012年現在


売上高
2012年3月期:381億6800万円
2011年3月期:364億9901万円
2010年3月期:358億1500万円
2009年3月期:354億1100万円
2008年3月期:287億2100万円

主な会社沿革
1971年 永瀬昭幸、自宅アパートで「ナガセ進学教室」をスタート
1976年 東京都武蔵野市に「東京進学教室」開設、「株式会社ナガセ」設立
1978年 「東進スクール」と改称
1985年 現役高校生対象の予備校「東進ハイスクール」設立
1988年 株式を店頭公開
1992年 通信衛星で授業を配信する「東進衛星予備校」開設
2006年 株式会社四谷大塚をグループ会社化
2007年 大学生向け東進ビジネススクール開設
2008年 アイエスエス株式会社(イトマンスイミングスクール)をグループ会社化
2008年 四谷大塚NET開講
2009年 東進ハイスクール中等部・東進中学NET開講
2010年 東進こども英語塾(幼児英語教育)開講
2011年 永瀬商貿(上海)有限公司(中国展開の拠点)を上海に設立

中学受験生のベストセラーテキスト「予習シリーズ」を内容を確実に理解するために、やはり授業は必要不可欠です。

その「予習シリーズ」を使った四谷大塚のベテラン講師が解説してくれる授業がインターネットを通じて自宅のパソコンの前で受講できる、それが「予習ナビ」です。

1教科あたりの1週間の授業時間の目安はおよそ50分~120分程度(算数・国語は週2回、理科・社会は週1回)で、解説授業と問題演習を組み合わせながら授業を進めていきます。

もし途中で分からなくなっても、すぐに授業映像を止めることも、 そして授業映像を前に戻すこともできます。また逆に、通常の1.4倍のスピードで再生することもできますので、どうしても学習時間が確保できない場合は60分の授業をおよそ40分で受講することも可能です。

また、算数の「予習ナビ」では、実際の授業同様、授業の中での問題演習を行います。制限時間を設け、 子供の学力レベルに合わせた問題を出題し、実際に問題を解きながら理解を深める、一方的に授業を聞くだけではない、リアルな授業が可能です。

その「予習シリーズ」の解説授業を行う「予習ナビ」がただいま、体験キャンペーンを行っています。

予習ナビを2週間(予習シリーズ2回分)をなんと無料で利用できる!中学受験を目指す小学4・5・6年生は必見です。

予習ナビ 無料体験キャンペーン期間は2010年8月23日から10月17日まで。

受講教科は算数・国語の2教科

受講コースは学力に応じて分かれます。
(Cは難関校受験希望の方、Aは基礎から学習したい方向け)
4年生:Aコース、Bコースのいずれか
5年生:Aコース、Bコース、Cコースのいずれか
6年生:Aコース、Bコース、Cコースのいずれか
※週テスト在籍生は、週テストの在籍コースでの受講となります

オリコンが消費者約8万人を対象に顧客満足度の高いサービス企業を選んだ「CS(顧客満足度)ランキング」の2010年版を発表しました。

この「オリコンCS(顧客満足度)ランキングアワード2010」で四谷大塚が「中学受験の部門」で見事2位にランクインしました。

「オリコンCS(顧客満足度)ランキングアワード2010」
中学受験 塾・予備校(総合)

1 CG啓明館
2 四谷大塚
3 東進スクール
4 日能研
5 進学教室サピックス

このほか、6位に「進学塾ena」、7位に「早稲田アカデミー」など続いています。

「オリコンCS(顧客満足度)ランキング」とは、2006年より発表している実際の利用経験者(現在利用中、もしくは利用経験者)の声を集めた顧客によるサービス利用満足度にもとづいたランキングです。

なお、四谷大塚を運営するナガセの「東進ハイスクール」も「大学受験 塾・予備校(総合)」で10位にランクインしています。以下、1位から得点順のランキングです。

74.98点 早稲田塾
70.60点 ベネッセお茶の水ゼミナール
68.39点 駿台(現役フロンティア)
68.06点 Z会東大マスターコース
67.92点 市進予備校
67.30点 城南予備校(高校部)
67.29点 河合塾(高校グリーンコースや現役館)
66.37点 栄光ゼミナール(navio)
66.25点 代々木ゼミナール(現役スクールやスーパースクール)
65.51点 東進ハイスクール